2011年2月20日(日)から翌21日(月)にかけて、
コンビーズメールプラスにおいて発生しましたメール配信障害により、
ご利用者の皆さまにご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

これまでの調査結果に基づきまして、
障害の原因およびそれらに対する当社の取組み状況をご説明申し上げます。

1. 障害発生の状況

下記の時間帯にかけて、コンビーズメールプラスにて
配信予約されたメール(即時配信含む)の配信処理が実行されておりませんでした。
ご利用者様の管理画面上におきましては、該当するメールの配信ステータスが
配信予定時間を過ぎても「配信中」のままになっておりました。

 障害発生時間帯 : 2011年2月20日午前9:00~21日午前11:03頃

2. 障害の原因

システム上にて、配信情報をやり取りするファイルを設置するディレクトリが
なんらかの原因により消失し、配信指示が出せない状態になっていたために、
今回の障害が発生いたしました。
※消失の原因については引き続き調査を進めております

3. 障害復旧及びご利用者様への対応の状況

2011年2月21日10:00頃に障害の発生を認知し、原因の特定調査及び復旧作業を行いました。
消失していたディレクトリを復元することにより、同午前11:03頃に障害より復旧いたしました。

また、同時に障害発生時間帯にメール配信予約をされていたご利用者様に対して、
個別にご連絡を差し上げ、今後の対応についてご説明させていただきました。

※個別でのご連絡時にご案内した障害発生時間帯は、調査中のものであり、
 当報告での障害発生時間帯が正式な調査結果に基づくものとなります。
 障害の影響を受けた配信分への対応につきましても、当調査結果に基づき、
 すべての対象メールについてご対応させていただきました。

4. 再発防止策

・ディレクトリ消失の可能性があるサーバーの設定項目を見直しました
・ディレクトリ消失時に当該ディレクトリを即時自動生成するプログラムを実装いたしました
・当該の障害発生時における障害通知体制を見直しました
・当該の障害発生時において詳細な原因調査が行えるようログ取得の設定をいたしました

5. おわりに

今回発生いたしましたシステム障害により、長時間に渡り、
メール配信のご利用ができなくなる事態を招きました事につきまして、
メール配信サービスを提供する企業として、重ねて深くお詫び申し上げます。

今回の障害に対する一連の対策を通じて、
ご利用者様の信頼を一日も早く回復できるよう、全力を尽くしてまいりますので、
今後ともご指導、ご愛顧のほど何卒よろしくお願いいたします。