Our Action 行動指針

人間力と社会人力の向上のために

高い目標とそのシナリオを描く
自ら高い目標を掲げ、その到達シナリオを描きます。格好よく見せたり、夢想にふけたりするものではありません。
仕事のために勉強する
自分のために、同僚のために、会社、社会のために一所懸命勉強します。自分の専門分野のみならず、幅広い知見と教養を目指します。
目標に向かって歩む
目標に向かってコツコツと努力します。なぜその目標があるかを知り、目標到達は目的ではなく手段であると認識します。
他責にしない
うまくいかない時、自分以外の人や状況に責任を転嫁しません。あらかじめ自分の責任範囲を明確にしますが協調性を大切にします。
異なる価値観から学ぶ
社外にある異文化を積極的に見聞したり、社内に取り入れたりします。自分自身や会社の位置づけを知り、より高めていきます。
心身ともに健康を維持する
心身ともに健康を維持します。また、向上することにも頑張ります。前向きで健やかな心で居られるように心掛けます。

一緒に働く仲間のために

楽しく働く
やりがいがあり、スキルアップにつながり、多くの人に認められるように働きます。同僚に対してもこの心で接します。
助け合っていく
同じ目的に向かう人の集まりだから助け合っていきます。ただ、甘やかすのではなく、手伝うものでもありません。
スピード早く
時間とスピードを大切にし、素早く行動します。そのためのスキル向上に励んだり、最適人数で意思決定したりします。
論理的に考える
問題解決する時や人を動かす時、思考を幅いっぱいに広げて、論理的に組み立てて結論を導きます。そのスキルアップにも励みます。
積極的に意見を出す
賛否と思考中であることを積極的に意思表示します。そもそもの原点に立ち戻って、異なる切り口も探します。
知を引き継ぐ
自分の後任のために何故そうしているか、どうすべきかを伝承し、後任者がスムーズに働け成果を高められるようにします。
改善する
実行したことを振り返り、短時間で改善点を見つけ出します。改善点が見つからない場合はあるべき姿を見直します。

会社と社会のために

コンビーズ流モノづくり
変化に対応し、人との関係を重視し、外を見ながら、自分がモノづくりをします。対象はすべての部署です。
マーケットをよく見てよく考える
公平で新しい答えを求めるためにマーケットに問い、今までの経験とこだわりでサービスをつくります。
適正利益を目指す
提供するサービスの社会的価値を認識し、適正な利益を出します。得られた利益は社会に還元します。