クラウド型メール配信サービス「コンビーズメールプラス」において、配信エラーアドレスの読者リストからの自動削除、ならびに配信禁止アドレス自動登録が可能になりました。

これらの機能により、配信が不可能なメールアドレスへの配信が制御され、メール到達率の上昇が見込まれます。
ぜひ、ご活用ください。

概要

読者リストからの自動削除

メール配信後、エラーとなり相手に送信できなかったメールアドレスを、自動的に「読者リストから削除する」か、「読者リストから削除しない」かが、選択できます。
※エラーアドレスと判定されたメールアドレスで、かつ「読者リストから削除しない」を選択している場合、対象のメールアドレスには配信が行われません。しかしながら、読者リストに登録されている限り配信先として認識するため、該当アドレスへのメールは無料配信数から差し引かれます。

配信禁止アドレス自動登録

エラーアドレスとして認識されたメールアドレスを、自動的に「配信禁止アドレスに登録する」か「配信禁止アドレスに登録しない」かが、選択できます。
※複数店舗コースの店舗用IDではこの機能はご利用いただけませんのでご了承ください。

これらの設定は、コンビーズメールプラス管理画面の「配信基本設定」から設定することが可能で、初期状態では、下記のとおり設定されています。

  • 読者リストから削除する
  • 配信禁止アドレスに登録する

設定を変更する場合は、管理画面の[配信基本設定(要ログイン)]>[エラーアドレスの自動削除 / 自動登録の設定]欄より、設定変更をお願いいたします。

コンビーズメールプラス・お問い合わせフォーム
https://plus.combz.jp/inquiry/form

コンビーズメールプラス・簡単お見積もり
http://plus.combz.jp/estimation/

コンビーズメールプラス・お申し込み
https://plus.combz.jp/accept/form