のぶ / プログラマー

アルバイトインタビュー

アルバイトインタビュー のぶ(プログラマー)

スキルの成長

入社前のスキル

基本的なプログラミング能力(C、JAVA、C#、Perlなど)
自分自身が理解できる程度のコーディング力
データベースの知識・操作

入社後のスキル

PHP、JavaScriptなどを用いたWebアプリケーションの作成
フレームワークの利用
他人が読んでも理解できる程度のコーディング力
セキュリティに対する知識

現在どのようなお仕事をされていますか?

コンビーズメールプラスの新機能開発を担当しています。
また、R&D(新規開発)にも少しだけ携わらせてもらっています。

学校では何を専攻されていますか?

情報科学を専攻しています。
特にネットワークに興味を持っており、今後は脳機能ネットワークについて研究を進める予定です。

アルバイトを始める前は不安などありましたか?

プログラミングの経験は学校の授業と、その演習課題でやったことがあるくらいでした。
学校の課題で行うプログラミングは「自分のために自分なりに書けば良い」ので、多少バグがあったり、プログラムのロジックが不明瞭になっても、そこまで大きな問題にはなりません。

しかし、企業で行うプログラミングは学校で行うそれとは大きく異なります。
先輩社員が書いたプログラムを読んだり、他の人が読んでもわかるようなプログラムを書いたりと、チーム開発を意識した開発が必要となります。

その他にもプログラムのバージョン管理をしなければならなかったり、コーディング規約に従わなければならなかったり……。
バグがあったり、パフォーマンスが悪い実装というのは論外です。
学校で行う「演習」と企業で求められる「実践」の間にある技術・知識の差を、自分でカバーすることができるかという点に最も不安を感じていました。

そんないまでは、仕事を通じ、プログラムを実践している中、技術力が向上してくるのが感じてきたのでとても嬉しいです。

週に何回ぐらい出勤していますか?

大学での研究やサークル活動の関係で、週1回の勤務ですが、もっと時間を見つけて出勤できればと思っています。

入社前と比べて今はどんなスキルが身につきましたか?

社会人としてのマナーです。

コンビーズは、アルバイトと先輩社員が非常に近い距離で仕事をします。
社長も同じフロアで、しかもアルバイト席からでも見える所にいらっしゃいます!

そのため、必然的に社会人としての当然のマナーを要求されます。
学生の身分ではなかなか体験することができないので、とても刺激的です。

今後の目標はありますか?

もっと貪欲に知識をつけ、よりコンビーズに貢献できるようになることです。

実はまだアルバイトを始めて3ヶ月程度しか経っていません。
まだまだ知識が浅く、開発時間の大半を調査時間に充てています。

作業効率はむしろ悪い方です。だからこそ、知識を蓄えて、もっと信頼されるプログラマーになりたいと思います。