リピーター獲得3つのポイント

3つのポイント
多くのネットショップ運営者は新規顧客増加に一生懸命になるわりに、その後のリピーター化にはあまり力を注いでいません。

また、一度リピーターとなった顧客に対して「その後の対策をしない」というショップも珍しくないのです。

例え既存のリピーターであったとしても対策をしなければ離れていってしまいますし、新規のリピーターが自然に増えることもありません。
新規顧客の多くにはリピーターになってもらい、「一度、リピートしてもらた顧客のアフターケアにも万全を期す」ことが重要ということを再認識する必要があります。

一方、具体的な対策を考えようとした場合、どうすればいいのか分からないかもしれません。しかし、ポイントさえ押さえてしまえば、リピーター対策は今よりもさらに効果的になります。

リピーター獲得3つのポイント

お客さまにとって覚えておく必要がなくなった(=忘れられてしまう)という状況を打開するために、ネットショップ運営者が知ってくべき3つのポイントと、リピーターを増加させるための具体的な方法をみていきましょう。

きっかけ作りの重要性

人間の記憶は多くの場合「関連付け」で行われます。
みなさんもなにかの「きっかけ」で忘れていた記憶を思い出したことがないでしょうか?

セールや割引クーポン、期間限定ポイントのお知らせメールなどは、お客さまがあなたのお店を思い出してくれる「きっかけ」になることがあります。
ちょうど使っていた化粧品を使い切ったとき、以前、購入したお店から新製品のお知らせが届いたら、ついつい興味を持ってしまうのが顧客心理というものです。

別のショップを利用している

似たような商品や価格で販売している競合店が多数ある場合、当然ですが別のお店で購入してしまうケースも多くなります。

そもそもお客さまは「なんとなく」でショップを選んでいるので、「どの店でも大きな差がない商品」を買った場合、特定のショップを覚えたりしません。

「もう一度買い物したくなる店」になるために

お店やショップに嫌なイメージがあると、二度と利用したくないという心理がはたらきます。
その一方、良いイメージを持ったお客さまは「もう一度利用したい」と思うようになります。

ただ、残念ながら、その「良いイメージ」は徐々に薄れてしまうため、実際にリピート利用してもらうためには積極的なアプローチが不可欠ですが、まずは前提条件としてお店や商品に良いイメージを持ってもらえるようにしましょう。

リピーターのタイプを知ろう

新規顧客がリピーターになる場合、大きく分けて2つのパターンがあります。
それぞれのタイプ別に、リピーターを詳しく見てみましょう。

商品リピーター

継続して気に入った商品を購入するタイプのリピーターです。
消耗品や生活必需品では、他店と比較して低価格であることや高品質であることなどを理由に、使い切るたびに同じ店舗で購入することがよくあります。

ただし、他店がさらに低価格の商品を販売していたり、同価格帯でもさらに高品質な商品を扱うショップが登場すると、そちらへ顧客が流れることがあります。

店舗リピーター

同じお店でさまざまな商品を購入するタイプのリピーターです。
ショップの品揃えやサービスに満足していて、扱っている商品を信頼してくれています。
いろいろな店舗を見て回るのが面倒という顧客心理もはたらき、「このお店で購入すれば失敗しない」という意識があるリピーターは「お得意様」と呼ばれます。

リピーター増加のための具体的な方法

新規顧客にリピーター化してもらうために、具体的な方法をご紹介しましょう。

「思い出してもらう」ためにできること

忘れられてしまうということは、思い出してもらう工夫をしなければならないわけです。
もっとも効果的な方法は、消耗品であれば使い切るタイミングで「お買い得情報」などのお知らせをすることです。
メルマガやDMなど、タイミングを見極めることで効果が最大化するツールを利用しましょう。

記憶に残るショップ作りとは

みなさんは、一度利用しただけのお店を覚えているでしょうか。
多くの人は、なんとなく覚えているか、または全く覚えていないと答えるかもしれません。
ポイントとしては、
・覚えやすい店名
・インパクトの強い商品ページや品揃え
・定期的なメルマガなどの情報発信
といわれています。記憶に残る=思い出しやすい店づくりを心がけましょう。

「店、人、商品」が信頼されるために

どれほど奇抜で印象に残る店舗であっても、サービスや接客対応、商品の品質などが一定レベル以上でなければ、信頼されることはありません。
他のお店との差別化において、もっとも重要なのは「お店に対する信頼感」なのです。
結局のところ、まじめに一生懸命な店舗運営をすることが、リピーターを増やす早道です。

まとめ

当たり前のことを当たり前にやることが大切です。
リピーターが重要なことも、信頼されるお店にならなければならないことも、みなさんはよくご存知でしょう。
それでもなお意識しなければならないことは、リピーターを増やす努力は決して惜しんではならないこと、リピーターは勝手に増えたりしないということ、そしてあなたのお店は他と比べて決して「特別」ではないということです。

リピーターを増やしたいのなら、誰よりも積極的に顧客へのアプローチを行っていくようにしましょう。